「人口減予測し具体策を」 喬木で分析結果の報告会

政治・行政

[ 2015年 8月 3日 月曜日 12時34分 ]

 喬木村で30日、「人と仕事を取り戻す~人口ビジョンと総合戦略~」と題した人口分析報告会が開かれた。島根県中山間地域研究センターの藤山浩研究統括監が村全体や16の地区ごとに行った分析結果を報告。対策を講じなければほとんどの地区で人口が減り続け、30年後には村の人口が3分の2まで落ち込むとの予測が示された。

 同村の人口は約6500人で、高齢化率は32・6%。藤山さんは45年後までの人口変化を予測すると、高齢化はじわじわだが、人口は急ピッチで減ると指摘。一番の問題は「この先安定が見えない」といい、どこで落ち着くか全く分からないと加えた。小中学生の数も長期的に見ると半減ペースとした。

 この現状を踏まえ、「処方せん」としてUIターンを取り入れた具体的な対策を示し、4歳以下の子どもがいる30代前半夫婦、20代前半の男女、60代前半の男女―の3つがそれぞれ年間6組ずつ増えることで人口が安定すると説明。高齢化率も下がるとした。

 16の地区別にみると、寺の前、帰牛原、馬場を除く地区で人口は減少傾向にあり、山間部だけでなく比較的人口が多い下段部でも減少が目立つ。10年後の減少率が最も高いのが氏乗の21・9%で、大和知(18・1%)や田上川(17・7%)、富田(17・6%)が続き、下段でも町(15・9%)や伊久間(13・6%)、郭(11・2%)などで減少幅が2桁となっている。

 これに対し、毎年21・9世帯(約51人)の定住目標を掲げて実現すると、いずれの地区も大幅に改善。藤山さんは「具体的な目標を設定し、毎年成果を確かめながら具体的な戦略を」と呼び掛けた。

 報告会では他県の成功事例を紹介し「人と仕事を取り戻す出発点になれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26