「医療と働ける場に力」 佐藤副市長にインタビュー

政治・行政

[ 2011年 5月 19日 木曜日 15時12分 ]

 飯田市の特命副市長に14日付で就任した佐藤健さん(43)=鼎名古熊=が18日、本紙などのインタビューに応じた。

 ―現在の心境は

 「20年前に地方行政を選び、思いがけずふるさとで働けるのはうれしい。その一方で、高校を卒業してから飯田にいなかったので、実はあまり飯田のことを知らないので、一から勉強させてもらいたい。できるだけ現場に出て、いろいろなことを聞きながら勉強していきたい。地方勤務は(秋田県、鳥取県、大分県の)3カ所でしてきたが、今回は自分のふるさとで働けることになった。いろんな意味で今までとは関わり方が違うので、それなりの覚悟を持って仕事をしなければと緊張している」

 ―高校時代まで過ごした飯田と現在の飯田と変わった点は。また、現在の飯田市の印象はどうか

 「当時はまだ国道153号バイパス(通称・アップルロード)が通っておらず田んぼの風景が広がっていたが、その後、道路ができ一変した。副市長に就任してから歩いて通勤しているが、高校時代に通っていた愛宕坂はさほど風景が変わっていない。就任のあいさつ回りをして、定住自立圏や環境の取り組み、市立病院の取り組みもそうだが全国的にも注目されモデルとなっていると聞いて、飯田市は全国をリードする取り組みをしていると改めて認識した。その仕事に関われるのはやりがいがあると思っている。リニアの問題は全国でも希有なケースであり、飯田市は大きく変わる。プラスマイナス両方の要素はあるが、100年、200年先を決める時期に関われるのはうれしいとともに、身の引き締まる思い。市長をしっかり支えていく」

 ―副市長に就任の抱負は

 「定住自立圏は飯田を一つのモデルとした取り組みを整理してできた。実際の中身をどうするかは飯田をモデルに組み立てられてきたと捉えている。全国のモデルとなっている取り組みを引き続き充実発展、定着させる。市長から期待されているのは、中核となる市立病院と産業振興の取り組み。定住自立圏をベースにしながら、市民が安心して暮らしていけるために医療と働ける場が重要であり、どういう取り組みが必要か定住自立圏の枠組みの中で考えていきたい。市の財政は極端に悪い状況ではないと認識しているが、これからは社会資本の維持管理にお金がかかる時期に差し掛かってくる。財政に特効薬はなく、ムダ遣いをしないことや、優先順位を決めて選択と集中で地に足のついた財政運営をしていく必要がある」

 ―前任地の大分県では旧町村部の振興と大分版ツーリズムの定着に取り組んだ実績が評価されたと聞いている

 「合併まで主導し、それから先は新市建設計画で進めていくのが一般的だが、大分県では合併して役場がなくなった地域をどういう形で支えていくか、県が自ら乗り出していった。大分県では(平成の大合併で)58市町村から18市町村になり、頑張っている人たちを支援するためコミュニティビジネスや配食サービスなどの手助けを県がした。当時、企画振興部長として、合併に対する思いを聞きながら仕事をしていた。ツーリズムについては、牧野市長が日本政策投資銀行大分事務所長として勤務していた当時、考え方の種を蒔いてくれた。物見遊山的な観光でなく、住みたいと思える地域こそ人が集まるという、今までの観光と違うツーリズム。地域でいかに豊かに暮らすかをベースにした地域づくりを目指すもので、飯田にも通じている。

  ◇    ◇

 佐藤さんは現在、実家の近くにアパートを借りて妻と3人の子どもと暮らしている。大分県総務部長を務めていた昨年4月には、3人目の子どもが生まれたため、10日間の育児休暇を取得。趣味は「子どもとの時間。この時期を大切にしたい」という子煩悩だ。「自然体」で仕事もオフタイムも過ごすことを信条にしている。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞