「復旧へ全力尽くす」

政治・行政

[ 2020年 9月 5日 土曜日 13時46分 ]

 県議会危機管理建設委員会(丸山大輔委員長、10人)は4日、7月の豪雨災害で大規模崩落が発生した喬木村と天龍村の現場を視察した。県が管理する県道や国道の復旧について丸山委員長は「1日も早い復旧のため協力していきたい」と述べた。

 喬木村では加々須地区を訪問。市瀬直史村長や飯田建設事務所の細川容宏所長から説明を受けながら、土砂崩落で通行が不可能になっている県道大島阿島線とその迂回路の状況を確認した。 

 同所では7月11日、山の斜面が高さ60メートル幅80メートルにわたって崩落し、約1万立方メートルの土砂が県道に流入。復旧の見通しは立っていない。

 現在は加々須川左岸に迂回路を建設し、朝2時間、昼夕の各1時間、車幅2・0メートル以下の車両のみ通行できる。

 細川所長は迂回路について、16日までに舗装などの工事が完了し、24時間通行が可能になることを報告。市瀬村長は「ごみ収集車やバスは迂回路を通行できず、住民に不便を掛けている状況。一刻も早く村民の日常が戻るよう尽力をお願いしたい」と委員らに要望した。

 丸山委員長は「検討しなければならないことは多いが、住民が日常を早く取り戻せるようお手伝いに全力を尽くしたい」と返答。同行した地元選出の小池清議長は「生活が元に戻るよう、県道の復旧改良に県議会としてもできるだけのことをしたい」と話していた。

◎写真説明:現場を視察した県議会危機管理建設委員会の委員ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞