「日本一」へ礎の1年に

政治・行政

[ 2021年 1月 4日 月曜日 13時44分 ]

 官公庁や多くの企業で4日、仕事始めとなり、新年のスタートを切った。飯田市役所の仕事始め式は新型コロナウイルスの感染症対策として規模を縮小し、部課長級ら約70人が出席。佐藤健市長はマニフェストに掲げた「2050年に飯田市を日本一住みたいまちにする」に向けて「礎となる1年にしたい」と述べ、協力を求めた。

 えとのうしに触れると、コロナ禍では「歩みは遅くとも、牛のように力強く一歩一歩着実に前に進むことが必要」と指摘。市民の困りごとを一つ一つ解決し、市民の思いを一つ一つ形にしていくことで「日本一住みたいまち」に近づいていくと語った。

 1961(昭和36)年の集中豪雨災害「三六災害」の発生から60年の節目に当たり、「地域の災害の歴史を後世に伝えることは今を生きる者の責務」とした上で、地域の防災に対する思いを新たにする機会にしたい意向を示した。

 来年度は総合計画中期4年計画の初年度となる。佐藤市長は先月25日に予算編成に向けた基本方針を示し、総合計画に掲げる「目指すまちの姿」を実現するため「新しい取り組みに積極的にチャレンジする」と説明。マニフェストに掲げた事業を中心に基本方針に落とし込み、必要な施策を精査する姿勢を強調した。

◎写真説明:年頭の訓示を述べる佐藤市長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞