「気概を持って奮闘を」丸山副市長の退任式

政治・行政

[ 2011年 5月 16日 月曜日 15時56分 ]

 飯田市は13日、丸山達也副市長の退任式を行った。2009年4月1日付で総務省から派遣された丸山さん(41)は定住自立圏担当の特命副市長を2年1カ月余り務め、14日付で同省に復帰する。

 牧野光朗市長は「定住自立圏推進のため、ていねいに仕事をしていただいた。今回の大震災で福島県南相馬市の被災者を広域連合がすばやく受け入れられたのも定住自立圏の関係があったからこそ。人柄も良く、職員や市民とも親しく交流していただいた。酒も強く、酔ったところを見たことがない。これをご縁に本省に帰られても当地域に対して意を配していただくようお願いする」とあいさつ。

 秘書の久保田智代さんから花束を贈られた丸山さんは「惜しみないお力添えをいただき、厚く御礼を申し上げる。良く見えるところの競争だけして真似ても一朝一夕にはいかない。根底にあるものをつかまなければできないことを痛感した。リニア飯田駅が正念場を迎え、三遠南信自動車道、環境モデル都市、定住自立圏など歴史の転換点にある。歴史に残る大仕事に取り組むという気概を持ってより一層の奮闘を期待している。この地を離れても他の職場でお役に立てることがあれば一生懸命お手伝いしたい」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞