「16年の支えに感謝」

政治・行政

[ 2020年 10月 19日 月曜日 0時39分 ]

 敗れた牧野光朗さんは、「突然の市長交代になり申し訳ない」と詫びた。鼎一色の一色公民館に集まった支持者らは、午後9時すぎの「佐藤氏当確」の報を受けて落胆。「早いな」とあちこちで声が漏れ、疑いの顔でじっとテレビ画面を見つめていた。

 牧野さんは会場に到着すると落ち着いた表情で「4期16年、皆さんに支えられここまでこれた」と繰り返し感謝の言葉を述べた。牧野さんの声に涙をぬぐう支持者もいた。

 牧野さんは「コロナの非常時に現職として責任を果たすため、選挙戦ぎりぎりまで対応しなくてはならなかった」と振り返り、謝罪。「この非常時に万全を期し、築いた関係を受け継いでいってほしい」と新市長に期待し、「課題は山積だが心一つにして乗り切って」と協力を呼び掛けた。今後については「全くの白紙」と述べた。

 あいさつが終わると「良く頑張った」と声が上がり、支援者から大きな拍手が長く鳴り響いた。

 水野こはる後援会長(84)は「どうしてこんなに早く決まっちゃったのという思いもあるが仕方ない。牧野さんは悪いこともせず病気もせず本当に市政のため尽くしてくれた」とねぎらった。会場からは国政挑戦への期待の声も聞かれた。

◎写真説明:敗戦の弁を述べる牧野さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞