県議選きょう告示 ポスター掲示場1053カ所

政治・行政

[ 2015年 4月 3日 金曜日 12時36分 ]

 任期満了(29日)に伴う県議選は3日告示され、12日に投開票される。飯田市区(定数3)は現職3氏と新人2氏の計5人、下伊那郡区(定数2)は現職2氏と新人1氏の計3人が立候補を予定している。

 立候補受付は午前8時半から午後5時まで、飯田市区が市役所、下伊那郡区が県飯田合同庁舎で行われる。2度の抽選で届出の順番が決まる。届出が受理されると公営物品など選挙の7つ道具が交付され、街頭演説や遊説、ポスター掲示などの選挙運動をスタートできる。

 立候補予定者は党派別に、飯田市区が自民公認2人、共産公認1人、無所属2人、下伊那郡区が自民公認1人、無所属2人。両区の自民現職3氏はいずれも公明の推薦を受ける。市区の無所属現職は民主、社民、連合長野の推薦、郡区の無所属現職は民主の推薦、社民と連合の支持をそれぞれ受ける。年齢は74―35歳。全員男性。

 ポスター掲示場は、飯田市463、下伊那郡590の計1053カ所。

 期日前投票は、4日から11日まで毎日午前8時半から午後8時まで各市町村役場でできる。

 県選管が発表した3月2日現在の選挙人名簿登録者数は、飯田市8万3798人、下伊那郡区5万1106人となっている。

 最近の県議選の投票率は、飯田市区が2011年55・56%、07年65・40%、下伊那郡区が11年63・12%、10年(補選)63・35%、07年66・99%と低下傾向にある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞