マニフェスト読み比べ

政治・行政

[ 2020年 9月 17日 木曜日 15時43分 ]

 任期満了に伴う10月11日告示、18日投開票の日程で行う飯田市長選で、南信州新聞社と、18歳の投票率100%を目指す「飯田下伊那100計画」のOBでつくる「100計画プラス」が連携して高校生と立候補予定者による討論会を企画し、16日に事前学習会を市内で開いた。早稲田大マニフェスト研究所(東京)とオンラインでつなぎ、立候補を予定する2氏のマニフェスト(選挙公約)を読み比べた。

 市長選はこれまでに5選を目指す牧野光朗氏(59)=無所属、八幡町=と、新人で前副市長の佐藤健氏(52)=無所属、鼎名古熊=の2人が立候補を表明し、それぞれマニフェストを発表している。

 討論会には飯田OIDE長姫、飯田女子、飯田風越の3校から男女計6人が参加する。

 この日は、マニフェスト研究所の中村健事務局長と事務局スタッフの山内健輔さんが、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を通じてオンラインで参加。山内さんは自身の経験に絡めて若者の政治参加の重要性を指摘し、実現までのビジョン、具体性、分かりやすさ、矛盾していないかなどマニフェストを評価するポイントを解説した。

 アドバイスを受けて高校生たちは早速2人のマニフェストを開き、「どこまで実行されるか疑問」「思っていた以上に主張に違いがある」といった声を上げた。

 中村事務局長は「若者も政治に関心を持つことが大事。読み比べながら自ら考え、それを周囲に広めてほしい」と話していた。

 事前学習会を踏まえ、28日に開く予定の討論会で疑問点などを立候補予定者にぶつける。

◎写真説明:マニフェストを読み比べる高校生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48

新たな迂回路が通行可能に

4月29日木曜日13:34

「ルミナコイド」活用し商品化

4月28日水曜日15:34

すずり形鉄板を開発

4月28日水曜日15:12

ワクチン接種始まる

4月27日火曜日15:56

新市議に当選証書付与

4月27日火曜日15:25

天龍中で早くもプール開き

4月27日火曜日15:56










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞