三遠南信道「強力に要望」、市と連合地協が懇談

政治・行政

[ 2010年 1月 25日 月曜日 11時59分 ]

 飯田市は22日、連合長野飯田地域協議会(中島修司議長)が昨年暮れに提出した「飯田市政への提言と要求」に関する懇談会を開いた。市側の回答について、各部長から説明を受け、牧野光朗市長らと意見交換を行った。

 事業費の大幅削減が懸念される三遠南信自動車道について、市側は「医療・防災・福祉を守る『命をつなぐ道』であり、地域の発展のため『真に必要な道路』。三遠南信地域連携ビジョンの推進に欠くことのできないインフラ整備であり、一日でも早く全線開通できるよう、強力に要望活動を展開していく」と回答。

 リニア中央新幹線の飯田駅設置について「平成22年は、地域の悲願である駅設置を確実にするため『リニア開通と飯田駅設置に向けての将来像』を市民と一緒に検討に入る。検討作業や様々な機会をとらえて目的意識の共有を図りながら第5次基本構想へも位置づけていく」と説明、連合の協力を求めた。

 このほか、連合が「当地域においても工場閉鎖となる企業が発生してきており、雇用を守る視点で行政としての力添えをお願いしたい」と要望したのに対し、市側は「市として情報収集に努めているが、倒産・工場閉鎖となる企業をつくらたいため、連合で把握している情報がある場合には、早めに提供していただけるようお願いする」とした。

 懇談会は連合の意向で非公開で行われ、終了後、中島議長らがマスコミに説明した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞