下條村がペルーから視察受け入れ、地域開発成功例として

政治・行政

[ 2010年 1月 15日 金曜日 15時41分 ]

 下條村は13日、国際協力機構(JICA)を通じてペルーの自治体による視察研修を受け入れた。ペルーからの一行は、村の財政コスト削減や少子化対策などの取り組みを熱心に学んでいた。

 視察に訪れたのは、ペルーのフニン州とワンカベリカ州の市町村長や評議員ら20人。日本の地方自治体の地域開発成功事例を視察し、自国での地方開発に役立てる目的で来日。約3週間滞在し下條村をはじめ徳島県上勝町、滋賀県甲良町を視察、地域開発について講義も受ける。

 雪の中ペルーからの一行が到着すると、伊藤喜平村長は「遠くからこんな小さな村に来ていただいてありがたい。両国の交流のため、友好を深めていこう」と歓迎した。

 村の紹介ビデオを上映した後、伊藤村長が村の状況を説明。化学繊維の登場で主要産業だった生糸生産が大打撃を受け6400人いた村の人口が減少、危機感を持った伊藤村長は村を建て直そうと村議会議員となったが、限界を感じ村長へ立候補。公務員の意識改革と人員削減、事務の効率化を図る一方、住民参加の建築資材支給事業で土木費を節減。余剰財源で若者定住や子育て支援策に力を入れてきたことを伝えた。

 訪れたペルーの市町村長は、下條村より人口規模も面積も大きい市や町で少子高齢化の問題も起きていないというが、公務員の意識改革や事務の効率化について関心を持った様子。伊藤村長の話に熱心に耳を傾け、具体的な方法を質問したりアドバイスを求めたりしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞