下條村がペルーから視察受け入れ、地域開発成功例として

政治・行政

[ 2010年 1月 15日 金曜日 15時41分 ]

 下條村は13日、国際協力機構(JICA)を通じてペルーの自治体による視察研修を受け入れた。ペルーからの一行は、村の財政コスト削減や少子化対策などの取り組みを熱心に学んでいた。

 視察に訪れたのは、ペルーのフニン州とワンカベリカ州の市町村長や評議員ら20人。日本の地方自治体の地域開発成功事例を視察し、自国での地方開発に役立てる目的で来日。約3週間滞在し下條村をはじめ徳島県上勝町、滋賀県甲良町を視察、地域開発について講義も受ける。

 雪の中ペルーからの一行が到着すると、伊藤喜平村長は「遠くからこんな小さな村に来ていただいてありがたい。両国の交流のため、友好を深めていこう」と歓迎した。

 村の紹介ビデオを上映した後、伊藤村長が村の状況を説明。化学繊維の登場で主要産業だった生糸生産が大打撃を受け6400人いた村の人口が減少、危機感を持った伊藤村長は村を建て直そうと村議会議員となったが、限界を感じ村長へ立候補。公務員の意識改革と人員削減、事務の効率化を図る一方、住民参加の建築資材支給事業で土木費を節減。余剰財源で若者定住や子育て支援策に力を入れてきたことを伝えた。

 訪れたペルーの市町村長は、下條村より人口規模も面積も大きい市や町で少子高齢化の問題も起きていないというが、公務員の意識改革や事務の効率化について関心を持った様子。伊藤村長の話に熱心に耳を傾け、具体的な方法を質問したりアドバイスを求めたりしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞