下條村の視察受け入れ400団体に

政治・行政

[ 2013年 4月 26日 金曜日 16時50分 ]

 下條村の市町村や団体からの視察受け入れが25日、2003年から数えて400団体となった。400団体目になったのは、東信の南牧村議会。同議会は、下條村の若者定住促進施策と国保税徴収100%についての取り組みを聞いた。

 一行を歓迎した宮嶋清伸村議長は「現在の村は伊藤喜平村長の手腕によるところが大きい。今後も下條村に来てもらえる村づくりに取り組みたい」と歓迎。南牧村議長は「特色ある地域づくりを行う村。我々に教授してもらい、今後の活動の一助にしたい」と語った。

 視察では村行政の取り組みをまとめたDVDを上映し、宮島俊明副村長が村の状況を説明。徹底した行財政改革、職員の意識改革を経て、村民参加の村づくりや若者定住施策をにつなげたこと、国保税徴収事務では早い時期から滞納しそうな人をピックアップし可能な納付方法を提案するなどきめ細かな対応で税徴収率100%を続けてきたことを紹介した。

 受け入れ400団体を迎え伊藤村長は「自分自身が村長に就任した時はなかなかうまくいかず、わらにもすがる思いで先進地といわれるところを回った記憶がある。逆に400団体もが訪れ、学んでもらえる村になったことは感慨深い」と話していた。

 同村は行財政運営や少子化対策などが注目を集め、05年ごろから視察が激増。06年には1年間で87団体が訪れた。視察対応で本来の行政事務ができないことから、受け入れを制限し、08年からは行政規模の大きい市からの視察は断るようになった。

 400団体の内訳は市町村関係が307団体。国機関や県などの行政関係のほか、市民団体や大学、民生委員会、農業委員会、法人会、商工会なども訪れている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52