下條村長選きょう5日告示、新人同士の一騎打ちへ

政治・行政

[ 2016年 7月 5日 火曜日 13時44分 ]

7.04下條村長選今日告示 任期満了に伴う下條村長選と村議補選(欠員1)はきょう5日告示となる。村長選は表明順に前村議会議長の宮嶋清伸氏(51)=無所属、山田河内=と、前村議の金田憲治氏(69)=無所属、北又=の新人2人が立候補を表明し、8年ぶりの選挙戦は新人同士一騎打ちの戦いになる見通し。村議補選は新人2人が立候補する予定。4日昼までに他に立候補届け出書類を持ち帰った派はない。

 

 宮嶋氏は「引き続きさらに一歩前へ進ませたい」と立候補を表明。福祉課の専門職を増員して「高齢者の見守りを強化する」とし、子どもの学力向上や雇用、住環境整備を掲げるほか、農業の担い手不足を補うための婚活にも取り組むとする。当日は睦沢の事務所で午前8時から出陣式、役場近くのファミリーマート駐車場で午前9時から第一声を行い、遊説に出発する。

 

 金田氏は「政策論争する中で選択することが大事」と立候補を表明。「風通しの良い村にしたい」と村民参加のタウンミーティングの開催を公約に掲げ、農業用井水施設の改修支援を柱に据える。村独自の元気づくり支援制度の創設やプレミアム商品券の導入で村の活性を目指す。当日は陽皐の北又の森公園で午前8時半から出陣式、引き続き第一声を行い、遊説に出発する。

 

 また金田氏の辞職に伴う村議補選は、欠員1に対し2人が立候補を予定している。いずれも新人の男性で無所属の村上和彦氏(77)=行政書士、山田河内=と竹村宗次氏(65)=農業、同=。

 

 3日現在の選挙人名簿登録者数は3187人(男性1540人、女性1647人)。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号