会派みらいがリニア飯田駅の設置を見据え視察

政治・行政

[ 2009年 11月 20日 金曜日 9時41分 ]

 飯田市議会の会派みらい(原勉会長)は19、20日の両日、リニア飯田駅の設置を見据えた先進地視察をした。市民にも開放し、新幹線駅を誘致した飯山や佐久市、新潟県の長岡や三条市を訪問。市街地と郊外それぞれに設置した事例を学び、リニア駅の魅力を最大限に導く地域づくりの検討材料にした。

 5年後の北陸新幹線・飯山駅の開業を控える飯山市では、建設水道部の稲生孝部長や市新幹線駅周辺整備課の関谷竹志課長らから路線工事や区画整理の進ちょく状況、駅設置に向けたまちづくりの考え方などについて説明を聞いた。

 同市内では、市街地を直線的に横断する形で約10キロの路線が伸びており、うち約2キロが地表に顔を出す明かり区間。駅舎は在来線駅がある中心市街地に建設予定で、市は迫る着工を前に周辺地域の区画整理を進めている。

 稲生部長らは時間短縮で予想される正の効果を解説する一方、「広域圏が一つになって協議できる仕組みをつくらなければ、駅誘致の効果は十分発揮できない」と強調。同市が期待を寄せる観光振興について、「周辺市町村をどう巻き込んでいくかが課題だ」とした。

 ハード面では、密集地に駅を設置することの難しさも指摘した。「郊外への整備に比べ、区画整理の費用は2倍程度まで膨らむ」との見方を伝えたほか、新駅から300メートルほど離れた商店街との結び付きをどのように深めるかについて「滞留性を高める検討に着手したばかりだ」と説明。人口流出防止を狙い、周辺整備事業エリアに地権者が移住できるゾーンを設けたことも伝えた。

 ルート設定に関しては、地元が要望する機会がなかったことも明かした。「環境影響評価をした区間がそのまま経路になった」とし、停車数などの公表も現在まで行われていないとした。

 ソフト面では複数の市民団体を設け、多くの市民を巻き込みながら土地利用計画や行動計画をまとめた経過を紹介。広がる夢と限られた費用の折り合いをつけることの難しさを伝え、今後の課題として挙げた。

 視察には所属する市議5人と、公募に応じた6人の市民が参加。各市をめぐり、現地の行政や商工会議所の職員から話を聞いた。

 原会長は「リニアではルート問題が先行しているが、飯田駅実現を見据え、市民を巻き込んだ地域づくりの検討がもっとも重要だ。早い段階からビジョンを定め、行政、経済界、市民の3者が一体となって地域づくりを考える必要がある」、一般参加した飯田商工会議所リニア推進対策室の熊谷秀樹室長は「市民の思いや熱意を結集させる仕組みづくりを考えていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞