免許センター対応で飯田市に辛らつ意見

政治・行政

[ 2014年 3月 17日 月曜日 16時47分 ]

 飯田下伊那14市町村による南信州広域連合の会議が14日、飯田市追手町の県飯田合同庁舎であり、牧野光朗市長や市に対する辛らつな意見が噴出した。南信運転免許センター(仮称)の候補地検討に関する対応や、市と福島県南相馬市との災害時相互応援協定の締結方針に対し、町村長らが「何も聞いていない中で話が進んでいく」「広域連合で検討すべき内容」などと批判。「市長の気持ちや方向性を少しでも話してくれればいいのだが。不信感を抱かざるを得ない」の注文も出た。

 牧野市長は冒頭の連合長あいさつで「(免許センター、災害時相互応援協定の)いずれの案件も町村への配慮が行き届いておらず、私の不徳の致す所であり、お詫びしたい」と陳謝したものの、町村長らは予定していた協議事項を前に市への苦言を重ね、痛烈な皮肉も飛び出す首長会議となった。

 運転免許センターをめぐっては、広域連合として市内のJR飯田駅前を候補地に一本化し、市を窓口に商業施設内への設置を要望してきたが、1月に県警が「不適当」と判断。これを受け、先月14日の広域連合会議では、県警と市企画部、広域連合事務局で「連絡会議」を立ち上げ、センターの設置条件や候補地情報などを整理し、広域連合として設置場所を協議する方針を決めた。

 その後の同24日の市議会全員協議会で市の幹部が議員質問に「民間施設内への要望は白紙としたが、市として飯田駅周辺への考えは持ち合わせている。県警の考えをよく聞き、検討にあたりたい」などと答えた。

 この発言に近隣の首長らは「若干フライング気味ではないか」(熊谷元尋高森町長)「広域連合の中で進めている問題であり、非常に憤りを感じる。飯田市のみがやっていく印象を受ける」(深津徹松川町長)などと問題視していた。

 牧野市長の冒頭陳謝は、これらの批判を踏まえたものだが、首長らは納得せず。「我々で決めても、どこでどうなるか分からない。市長の方向性があるのなら、少しでも話してほしい。不信感を持たざるを得ない」と泰阜村の松島貞治村長が口火を切り、下條村の伊藤喜平村長が「一つでも進展があったら(広域連合会議で)報告し、積み重ねていくことを確認し合ったばかり。何も言わず、やりたい放題」と続けた。

 30分近く苦言を浴びた牧野市長は「免許センターに関しては、県警の意見をよく聞き、客観的な確認をして広域連合の場で協議する。市の考えなどは連絡会議で議論していく」姿勢を伝えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞