前副市長10月市長選に出馬へ

政治・行政

[ 2020年 3月 12日 木曜日 15時24分 ]

 任期満了(10月27日)に伴う飯田市長選に向け、前副市長で地方公務員共済組合連合会(東京都)事務局長の佐藤健氏(52)=無所属、鼎名古熊=が12日、総務省に辞職願を提出した。南信州新聞社の取材に「市長選に立候補するため」と答えた。3月末で退職し、来月上旬に正式表明する見通し。

 佐藤氏は鼎出身。飯田高、東大法学部を卒業後、自治省(現総務省)に入省。鳥取県財政課長、大分県総務部長などを経て、11年5月に飯田市の副市長に就いた。昨年3月まで務め、4月から総務省に復帰していた。

 市長選を巡っては、現職4期目の牧野光朗氏(58)=無所属、八幡町=が2月25日開会の市議会3月定例会の冒頭あいさつで、5選を目指して立候補する意向を表明している。「積み上げてきたものをここで投げ出すことはできない」とし、もう少しで手が届くところまできているリニア時代の飯田の絵姿を確たるものにすると述べた。

 牧野氏は新人4人による2004年の市長選に勝って初当選し、08年は現新の一騎打ちを制して再選を果たしている。

 12年の前々回と16年の前回は無投票で、選挙戦となれば12年ぶり。

 市長選は10月11日告示、18日投開票の日程。

◎写真説明:前副市長の佐藤健氏

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞