参院選きょう公示

政治・行政

[ 2010年 6月 24日 木曜日 8時37分 ]

 第22回参議院選挙は、きょう24日に公示され7月11日の投開票まで17日間の選挙戦がスタートする。改選定数2の長野県区に立候補を予定している6人は、いずれも長野市内で第一声を放ち、県内各地を遊説。3人が同日中に飯田下伊那地域に入る。

 県区では、民主党現職の北沢俊美氏(72)=長野市=、同新人の高島陽子氏(42)=同市=、自民党新人の若林健太氏(46)=同市=、共産党新人の中野早苗氏(62)=同市=、みんなの党新人の井出庸生氏(32)=佐久市=、政治団体の幸福実現党新人の臼田寛明氏(43)=松本市=の6人が立候補を予定。現職1、新人5人が2議席を争う構図となっている。

 県連が全面支援して4選を目指す北沢防衛相の陣営は、8時20分から長野市内のホテルで出陣式を開く。長野駅前で第一声を放った後、上田、松本、諏訪を遊説。翌朝の飯伊出陣式に備え、夜に飯伊入りする。

 党本部が擁立した高島氏の陣営は、長野駅東口近くのホテルで午前8時から出陣式。付近で第一声を行い、上田、松本、塩尻、伊那をめぐる。午後7時半から飯田市上郷黒田の飯田事務所前で街頭演説をする。

 前参院議員の父、正俊氏からバトンを継ぐ若林氏の陣営は、午前8時から県庁前のホテルで出陣式を開催し、施設前で第一声。上田、松本をまわり、午後6時から飯田市上郷別府の飯伊事務所で街頭演説を行う。

 2007年に続き、2度目の挑戦となる中野氏の陣営は、午前8時半から長野市内の事務所で出陣式を開き、その後第一声を行う。初日の遊説は上田、岡谷、松本市などが中心。各地で街頭演説を行う計画をしている。

 公募に臨み、公認されて5月末に出馬表明した井出氏の陣営は、午前10時ごろ県庁近くの味噌醸造元で第一声を放つ。長野駅を皮切りに上田や松本市で遊説し、午後6時から地元佐久市の事務所で出陣式を開く。

 1月に公認され、立候補を表明した臼田氏の陣営は、長野市内に設けた事務所で午前9時半から出陣あいさつを行う。遊説は千曲、上田、佐久市、坂城町など東北信を中心にめぐり、各地で街頭演説を行う。

 選挙期間中、飯伊に事務所を設けるのは北沢、高島、若林、中野の既存4陣営。新党の2陣営は設置を見送っている。

 県区の選挙人名簿登録者数は、6月2日現在で176万1597人(男性85万382人、女性91万1214人)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事