参院選の期日前投票始まる

政治・行政

[ 2010年 6月 26日 土曜日 8時16分 ]

 24日に公示された参院選の期日前投票が25日、各市町村の選挙管理委員会で始まった。飯田市選挙管理委員会では正午までに40人が期日前投票を行った。

 市選管によると、期日前投票は尻上がりに増える傾向がある。3年前の前回参院選長野選挙区(2007年7月29日執行)の期日前投票者数は、初日こそ108人だったが、日ごとに増え最終日は1262人を数えた。最終的には8321人が期日前投票を行い、投票率は68・24%と上村、南信濃と合併する前に行われた前々回(64・23%)を4ポイント余り上回った。

 昨年の本格的な政権交代後、初の国政選挙となる今回の参院選。投票率は選挙結果に大きな影響を及ぼすだけに、期日前投票は有権者の関心の高さを知るバロメーターして注目される。

 期日前投票は、投票日前日の7月10日まで16日間、毎日午前8時半から午後8時まで各市町村の選管で受け付けている。投票日に仕事や旅行、レジャーなどで投票できない人は誰でも期日前投票ができる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞