喬木村がコミュニティバス実証運行

政治・行政

[ 2015年 5月 4日 月曜日 8時01分 ]

 喬木村は11日から、天竜川に近い阿島、小川、伊久間の3区で「たかぎコミュニティバス」の実証運行を始める。交通手段のないお年寄りなどの買い物や通院を支援する狙い。最長で来年3月まで運行し、利用状況を検証。実証運行中は無料で、必要性が確認できれば2016(平成28)年度からは有料での本格運行となる。

 村は県の地域交通システム再構築促進モデル事業を活用し、10人乗りのワゴン車1台を購入した。

 実証運行は阿島の農村交流研修センターを発着点とし、月曜と木曜は伊久間区、火曜と金曜は阿島区、水曜は小川区で運行する。時間は午前9時半から午後4時半。平日のみ。1日8便で、どの便も郵便局や金融機関の前などに停車しながら30分ほどかけて地区内を巡回する。

 村民に親しんでもらえるよう、阿島に江戸時代から伝わる伝統和傘「阿島傘」をイメージしたというイラストをバスの周囲にあしらった。

 村担当課によると、3区は村の人口が集中する一方、高齢者は年々増える傾向。現在運行している2路線、1日3往復の村民バスは中山間地の移動手段を目的としており、今回の実証運行は、交通ネットワークを見直すことで利便性の向上を図る狙いもある。

 村が2013年度に設置した「『小さな拠点』づくり検討委員会」では、3区では免許返納などをして交通手段のない高齢者数が多いとして、「公共交通が必要」との提言が出された。

 村は昨年11月、下段地域公共交通実証運行検討委員会を発足。コミュニティバスの実証運行に向け、車を走らせるルートや停留所、時刻表などを検討してきた。

 実証運行では7月ごろをめどに利用状況を確認した上で、利用の少ない路線や停留所の統廃合も検討する計画。さらに最終的な利用状況や利用者へのアンケートを行い、来年度から本格運行するか判断する。

 村企画財政課の課長は「住民の安心につながる公共交通を考えるきっかけになれば」と話した。

 村が進める小さな拠点づくりでは、同交流研修センターを中心に半径250メートルの円内を拠点に、行政サービスや商店、福祉、観光などの施設の集約化を目指す。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞