喬木村の村政懇談会がスタート

政治・行政

[ 2014年 4月 10日 木曜日 9時30分 ]

 喬木村は8日夜、村政懇談会を阿島北の北コミュニティー消防センターで開いた。リニア中央新幹線が阿島北の中心部を通過するとあって、質疑応答ではリニア計画に対する質問や要望が目立った。懇談会は阿島北を皮切りに、来月13日まで16カ所で行う。

 リニアの環境影響評価準備書によると、村内路線は阿島北の中心部を東西に横切る。地上通過に伴う日照権の補償に向けた村の姿勢を質す住民もいた。

 高架橋は幅14メートルだが、セキュリティーや保守、環境などの面から4メートルずつの緩衝帯が設けられ、用地幅は22メートル。路線によって地区が南北に分断されることを懸念し、用地を活用して利便性の高い道路をつくるよう村としても要望してほしいとの声も。昨年8月に42・8キロに延伸された山梨県の実験線で、最新車両「L0系」を使った一般試乗会が11、12月に行われる計画を指摘し「500キロで走行するところを見ないと実感が湧かない。視察を計画してほしい」との要望もあった。

 村からの報告では、村は総額33億3000万円の本年度一般会計当初予算の概要や3年計画で進める都市再生整備事業、リニアや三遠南信道に対する村の取り組み状況を説明。阿島南の農村交流研修センターを核とする「小さな拠点」づくりの構想にも触れ、同センターを中心に半径250メートルの円内を拠点とし、行政サービスや商店、福祉、観光などの施設の集約化を目指すとした。

 市瀬直史村長は着任後、初の懇談会。選挙で掲げた5つのビジョンを抱負として示した上で「すぐに取り掛からなければならないもの、長期的視点に立って取り組むべきものなどを整理し、着実に実現していく」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞