喬木村議選の開票結果

政治・行政

[ 2013年 6月 12日 水曜日 9時40分 ]

 任期満了(24日)に伴う喬木村議選は9日投開票された。定数を2上回る14人が立候補し、現職6人、新人6人が当選した。上位4人を占めるなど新人が躍進。その一方、現職2人が涙をのんだ。2人落ちの少数激戦は日ごとに熱を帯び、最後は22票が当落を分けた。

 新村議の党派別は共産1人の他は無所属。女性は現職1人。2005年以来の8年ぶりの選挙戦で、投票率は05年を2・85ポイント下回る83・27%。

 5日間の短期決戦は各派とも地縁や血縁、地元自治会を頼りに支持を広げ、遊説カーを精力的に走らせるなどして政策も訴えた。有権者の関心も高く、中盤の合同個人演説会では身近な課題に加え、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通をめぐって活発な論戦を展開した。

 大票田のうち現職、新人の計6人が乱立した阿島区は投票率が83%を上回ったのに対し、現職2人が立った伊久間区は最も低い同76・33%にとどまり当落を分けた。他地区からの票の取り崩しも激しく、防ぎ切れなかった。富田区の新人2人はともに地元の票を固め全域で上積みした。

 05年に続く選挙戦となった横前豊、森谷博之、小沢博、元島賞子の現職4氏のうち元島氏を除き、前回票を大きく下回った。前回400票超えの太田忠氏は280票ほど落とした。

 現職が苦戦した一方、新人は6人全員が当選。今期限りで引退する議長の原嘉俊氏(77)は「前回の無投票を受けて議会改革を進めた結果、議会に対する関心が高まり、今回の選挙戦につながったと思う。今後も新しい観点を取り入れながら魅力ある議会を進めてほしい」と話した。

 新村議による村議会6月定例会は27日に開かれ、議長、副議長の他、各常任委員会の構成を決める。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞