国保税率引き上げを諮問通り答申

政治・行政

[ 2015年 5月 23日 土曜日 8時41分 ]

 飯田市国民健康保険運営協議会(橋部秀夫会長)は21日、本年度の国民健康保険税率について、15日の市側の諮問通り、平均5・2%引き上げるよう答申した。市は6月2日に開会予定の市議会定例会に、関係する条例改正案や補正予算案を提出する。税率改定となれば、2年連続となる。

 答申では、付帯意見として▽国保事業の持続的な運営がなされるよう、さらなる財政支援を国へ働き掛ける▽医療費の削減に向け、特定健診の受診勧奨など疾病予防を重点とした保健事業の実施と、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の活用などに一層積極的に取り組む―の2点を求めた。

 前回の協議で市側は、高齢化の進展で保険給付費の自然増が続き、支える世代の所得収入の大幅な回復も見通せない状況から、現行税率のままでは本年度の国保特別会計が3億1000万円余の歳入不足になると推計し、税率の引き上げ改定を諮問していた。

 本年度の補正予算案では、改訂基金から1億円、一般会計から1億500万円余を繰り入れ、残る歳入の不足分を税率の改定による1億500万円余の増収で補てんする。

 協議会で市保健課は、医療費の地道な抑制を目指し、生活習慣病予防や重症化予防に力を入れる方針も説明。特定健診の受診啓発、62歳を対象にした健康づくり家庭訪問、20~30代の朝食欠食率の減少、身体活動量を1日10分増やす「歩こう動こうプラステン」の実践などに取り組む。

 市は2010、11年度に2年連続で税率を年平均7%引き上げ、12、13年度は据え置いたものの、14年度は同5・3%引き上げている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん

8月21日火曜日17:48

高森町 「御大人形」がお目見え 六大学野球オールスター戦をPR

8月21日火曜日15:27

三穂小「力を結集する2学期に」 飯伊各地で始業式

8月21日火曜日15:40

記録更新へ力を発揮 陸上の飯伊選手権大会

8月20日月曜日15:34

食べて飲んで至福の1日 「飯田丘のまちバル」盛況に

8月20日月曜日15:06

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01