夜間審議がスタート 喬木村議会の定例会

政治・行政

[ 2017年 12月 9日 土曜日 14時51分 ]

8日夜に開かれた予算決算委員会

 議員のなり手を確保しようと、12月定例会から「夜間・休日議会」を導入した喬木村議会は8日、夜間の予算決算常任委員会を開いた。全12議員が出席し、午後7時から2時間審議した。16日の土曜日は午前9時から一般質問が予定されている。

 通常だと委員会室を会場に充てるが、関心の高さから報道関係者や傍聴者が増えることを見越し、庁舎に隣接する村防災センターの2階会議室で開いた。

 午後7時に木下温司委員長が開会のあいさつをし、市瀬直史村長は「喬木村の取り組みが、議員のなり手不足に悩む他の自治体に勇気を与える第一歩になれば」と述べた。

 この日は4日の開会日に本会議で付託された本年度一般会計補正予算案など4議案を審査。担当課の職員の説明を受け、質疑を交わした。

 佐藤文彦議員(47)は「限られた時間ではあったけど、それぞれが事前に準備したこともあって審議はスムーズだった」と振り返った。

 傍聴席では住民5人が見守った。会社役員の男性(50)=阿島=は「議会に対し、これまでは関心が薄かったけど、仕事を終えて初めて傍聴した。(夜間・休日は)住民が関心を寄せるきっかけになると思う」と歓迎した。

 日程だと、議案の詳細を審議する予算決算、社会文教、総務産建の各常任委員会は平日午後7~9時に開催。一般質問は16日土曜日の午前9時に始める。夜間の常任委は午後9時以降は延長しないとし、審議不足の場合を想定し16日に予備日を設けている。開会日と閉会日は従来通り。

 村議会は、1年間は夜間・休日議会を継続する方針。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52