大鹿村20年後へメッセージ

政治・行政

[ 2020年 3月 26日 木曜日 15時31分 ]

 大鹿村は26日、村制130周年記念事業の締めくくりとして、タイムカプセルの埋設式を行った。20年後の家族や仲間などに宛てたメッセージやアルバム、団体などの活動記録など村内から募集した72件の収納品を封入して埋設した。村制150周年となる2039年4月に開封する。

 式典で柳島貞康村長は「20年後にはリニアや三遠南信道が完成してこの地域も変わっていることだろう。20年後を楽しみにしてもらいたい」とあいさつした。

 保育園児や村民らが見守る中、直径80センチのオレンジ色のタイムカプセルの中に各家庭などから集まった封書などを収納。役場玄関横に設けられたコンクリート製の穴に埋設した。

 昨年4月には30年前の村制100周年で埋設したタイムカプセルを開封。家族が埋めたことを知らずに当時のものを受け取って驚いたケースや30年前の穂付きの稲わらが届いた家庭もあったという。

 よさこいグループ美翔蓮の連長の齋藤栄子さん(61)は、昨年20周年を迎えた同会の活動記録や賞状、家族の写真などを納めた。「今、仲良く幸せに過ごしていることを20年後の子や孫たちに知ってもらい、大鹿村を誇りに思ってもらいたい。美翔蓮の頑張ってきた歴史が20年後の皆さんに伝わるとうれしい」と期待を込めた。

◎写真説明:150周年へタイムカプセルに納める

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞