大鹿村20年後へメッセージ

政治・行政

[ 2020年 3月 26日 木曜日 15時31分 ]

 大鹿村は26日、村制130周年記念事業の締めくくりとして、タイムカプセルの埋設式を行った。20年後の家族や仲間などに宛てたメッセージやアルバム、団体などの活動記録など村内から募集した72件の収納品を封入して埋設した。村制150周年となる2039年4月に開封する。

 式典で柳島貞康村長は「20年後にはリニアや三遠南信道が完成してこの地域も変わっていることだろう。20年後を楽しみにしてもらいたい」とあいさつした。

 保育園児や村民らが見守る中、直径80センチのオレンジ色のタイムカプセルの中に各家庭などから集まった封書などを収納。役場玄関横に設けられたコンクリート製の穴に埋設した。

 昨年4月には30年前の村制100周年で埋設したタイムカプセルを開封。家族が埋めたことを知らずに当時のものを受け取って驚いたケースや30年前の穂付きの稲わらが届いた家庭もあったという。

 よさこいグループ美翔蓮の連長の齋藤栄子さん(61)は、昨年20周年を迎えた同会の活動記録や賞状、家族の写真などを納めた。「今、仲良く幸せに過ごしていることを20年後の子や孫たちに知ってもらい、大鹿村を誇りに思ってもらいたい。美翔蓮の頑張ってきた歴史が20年後の皆さんに伝わるとうれしい」と期待を込めた。

◎写真説明:150周年へタイムカプセルに納める

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞