天龍村職員名刺にAR導入

政治・行政

[ 2014年 4月 7日 月曜日 9時21分 ]

 天龍村は、AR(拡張現実)技術を取り入れた職員名刺を作成し、7日から利用を開始した。スマートフォンのカメラを向けると、ブッポウソウや坂部の冬祭りなど村の魅力を紹介する動画が流れる。AR名刺の導入は飯田下伊那地域の市町村では初という。

 ARは、現実環境をコンピューター上に拡張する技術。紙面媒体では、あらかじめ登録したアイコンや写真を掲載し、利用者がスマホのカメラを向けた際にインターネットを通じて動画や音楽を配信する仕組みが普及し始めている。

 村が取り入れたのは同様の技術。名刺に印刷したアイコンにスマホのカメラを向けると、村を紹介する動画が流れる。

 春はブッポウソウ、夏は茶摘み、秋は羽衣崎の紅葉、冬は坂部の冬祭りと、村の四季をテーマにした各1分の動画4本を作成。村鳥のブッポウソウは、5月に村に渡って村内を飛び交う姿や、村が独自に撮影した営巣風景などを盛り込んだ。

 茶摘みでは段々畑の風景と伝統の茶摘み唄を流し、坂部の冬祭りでは主役の鬼「たいきり面」の躍動感あふれる舞を映像にまとめた。

 大平巖村長は「村の魅力を伝える際、動画が流れると説明がしやすい。アピールするための新しいスタイルとして活用していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞