天龍村議選開票結果

政治・行政

[ 2013年 4月 22日 月曜日 0時24分 ]

天龍村議選 1人超の選挙戦となった天龍村議会議員選挙(定数=8)は、21日に投開票が行われ、いずれも無所属の現職3、元職1、新人4人の新選良が決まった。初の女性候補となった新人の熊谷美沙子さん(43)=平岡十久保=が初陣を飾り、1956年の村発足以来、初めての女性議員誕生が決まった。投票率は86・16%で、2009年の前回を1・56ポイント下回った。

 

 定数8に対し、現職4、元職1、新人4の計9人が立候補。16日の告示から、少子高齢化対策や観光・産業振興、定住者の拡大などを軸に、持続可能な地域づくりをめぐり考え方や手法について主張を重ねた。

 

 トップ当選は204票を獲得した神原向方の新人、村松克一さん(47)。熊谷美沙子さんが185票、平岡中央の新人、大平正長さん(58)が170票で続き、上位3番目までを新人が占めた。

 

 神原坂部の現職、熊谷清治さん(48)は、新人に票を奪われる形で得票を伸ばせず、涙を飲んだ。

 

 開票作業終了後、村選挙管理委員会は選挙会を開いて8人を当選人に決定、その場で当選証書を交付した。

 

 当日有権者数は男性657人、女性759人の計1416人で、投票率は86・16%だった。1日に臨時議会を開く予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号