定数超え短期決戦に 高森町議選が告示

政治・行政

[ 2017年 7月 4日 火曜日 15時14分 ]

当選に向けて士気を上げる支持者

 任期満了に伴う高森町議選(定数14)は4日告示され、現職10人、新人5人の計15人が立候補した。午後2時までに他に動きはなく、前回に続いて1人落ちの選挙戦に突入した。投開票は9日。

 午前8時半から町役場で始まった立候補の届け出には、予定の15陣営が出席。町選管の指示に従って2度のくじ引きで届け出順を決めた。持参した書類を提出した後、運動員の腕章、街頭演説用の旗、自動車乗車証など、いわゆる「七つ道具」を受け取り、候補が待つ選挙事務所に急いだ。

 届け出を済ませた各候補は、自宅や地元の集会施設に構えた選挙事務所で出陣式に臨み、集まった支持者らを前に第一声を放った。

 威勢良く声を張り上げ、町や地域の課題に対する自らの考えを主張したり、リニア中央新幹線の開業を見据えたまちづくりを訴える姿も。梅雨空の下、遊説カーで回りながら名前を連呼し、街頭に立って政策を訴える候補もいた。

 立候補者15人の内訳は、党派は共産が3人、公明が1人で、他は無所属。女性は現職が1人。

 現職15人のうち田切征勝(72)、樋口俊二(68)、加藤糸子(71)、宮外正彦(72)、福沢千惠子(68)の5氏は勇退する。

 町議会は、3月定例会で定数を現行の15から14とする議員発議の条例改正案を賛成多数で可決。今回の町議選から適用となる。定数変更は2003年1月に18から15にして以来。

 前回の町議選は定数15に対し現新の計16人が立候補し、1人落ちの激戦となった。

 一方、町選管は昨年7月の参院選で、町内の有権者なら誰でも投票できる「共通投票所」を全国に先駆けてアピタ高森店(山吹)に設置。今回の町議選から、ショッピングセンター「パース」(下市田)にも設ける。どちらも期日前投票所を兼ねる。

 4日現在の 有権者数は1万741人(男5159人、女5582人)。うち18~19歳の10代は265人(男140人、125人)で、全体の2・5%。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞