平谷村議選が告示、静かな選挙戦スタート

政治・行政

[ 2014年 4月 16日 水曜日 13時22分 ]

平谷村議選

 任期満了(29日)に伴う平谷村議会選挙(20日投開票)が15日告示された。定数8に対し、現職7人、元職1人、新人1人の計9人が立候補を届け出た。いずれの陣営も選挙カーによる遊説や街頭演説、ポスターの掲示は行わず、血縁に頼った静かな選挙戦が繰り広げられる。

 

 立候補したのは届け出順に、西川宗一候補(60、新町)、滝澤嗣男候補(76、柳平)、早川勝彦候補(56、平松)、土田米男候補(64、中平)、村松是伸候補(75、中平)、佐々木二三夫候補(71、平松)、西川範明候補(59、新町)、小池義郎候補(69、柳平)、川上明利候補(59、中平)の9人。

 

 同日午前8時半から始まった届け出の受け付けには各派とも候補者本人が出席。くじを引いて届け出順を決めると、届け出の書類や選挙事務所に掲示する看板などの審査を行い、選挙活動に必要な表示用腕章や旗などを受け取った。

 

 村内8カ所に選挙用の掲示板が設けられたが、いずれの陣営もポスターを掲示しないという。また、選挙カーによる遊説や街頭演説を行う陣営もない。血縁や地縁を頼った選挙戦が水面下で繰り広げられる。

 

 同村議選が選挙戦となるのは20年ぶりだが、静かな選挙戦は同村の伝統だという。ある候補は「自分の主張を伝える機会が少なくて残念だが、電話作戦や街角で行き会った時などを利用して有権者に村政への考えを伝えたい」と話していた。

 

 同村の有権者数は男性177人、女性214人の計391人。期日前投票は16日から村保健センターで行う。19日までで時間は各日とも午前8時半から午後8時。当日投票は20日午前7時から午後8時まで同所で行い、即日開票される。

 

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号