平谷村長選、新人小池氏が出馬表明 住民主体の村づくりを

政治・行政

[ 2016年 10月 1日 土曜日 14時34分 ]

立候補を表明した小池氏

 任期満了に伴う平谷村長選挙(来年1月17日、同22日投開票)で、新人で、元村総務課長の小池一広氏(61)=柳平=が1日、立候補の意向を明らかにした。

 小池氏は取材に対し「村民の話を聞くなかで村の現状を打破し、活力ある村を取り戻したいと思うようになった。心豊かに安心して暮らせる村、村民主体の村政を取り戻すため立候補を決意した」と思いを語った。

 「現在の村政が村民に伝わっていない」とし透明性を高めるために村政懇談会を開催するほか▽終期を自宅で暮らせるよう医療、介護福祉、生活支援の充実▽移住者の積極的受け入れと支援▽起業支援での雇用の創出と観光活性化―を掲げた。

 小池氏は日本大学法学部を卒業後、1977(昭和52)年に村役場に入り、総務課長などを歴任した。前回2013年の村長選挙へも立候補の意向を表明したが、血縁者同士のし烈な選挙戦を望まない声を聴く中で熟慮の結果、立候補を取りやめた。

 同村長選には現職3期目の小池正充氏(74)=平松=も村議会9月定例会で立候補を表明している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

多世代が味わえるものに

2月29日土曜日14:28

「飯田城の紅梅」ほころぶ

2月29日土曜日14:12

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞