広域連合が地元県議と懇談~リニア、飯工後利用など

政治・行政

[ 2012年 5月 23日 水曜日 15時29分 ]

 南信州広域連合議会(上澤義一議長、34人)は21日の臨時会、全員協議会終了後、地元選出県議との懇談会を広域消防本部で開いた。リニアを生かす地域づくり、飯田工業高校後利用、南信運転免許センター設置の取り組みなどについて意見交換。飯伊14市町村長らもオブザーバー出席し、県議の考えに耳を傾けた。

 リニアを生かす地域づくりについて、古田芙士県議は「当地域に駅ができるが、地域の駅ではない。長野県を代表する唯一の駅となるので、県にしっかりしたかたちをつくってもらうことが大事。中信も含め南信の拠点となるかたちをつくるのが県の役目。地元の役目と区別し、県にしっかりしたものを計画してもらわねばならない」と強調。

 小池清県議は「地域はもちろん、他の地域にも広く使ってもらわないといけないが、難しい状況がある。しっかり生かせる状況になるか懸念している」と述べ、駅の位置をめぐって紛糾した経緯の中で他地域の感情的なしこりが依然として残っている状況を示唆した。

 同県議はまた「飯伊地区期成同盟会にも3回申し入れをしているが、県議を役員会に参加させない。これからどういうかたちで進んでいくか心配しながら取り組んでいかねばならない」と不満を示した。

 小島康晴県議は「県の新たな5カ年計画、交通ビジョンの15年計画にリニアと三遠南信道をどう位置づけていくかに力を注ぎたい」、吉川彰一県議は「表立った動きはないが、一つずつの積み重ねが大事」、高橋岑俊県議は「トンネル掘削で出る残土を利用した地域づくりを今から練っていく必要がある」とそれぞれ指摘した。

 広域連合議会の木下容子氏(飯田)は「駅が決まる経過から他地区との気持ちの問題が未だに尾を引いている。調整には県議のお骨折りをいただかないと解消しない」を要望。古田県議は「懸念されたことで、長野県全体の理解を得られる体制づくりにお互い努力せねばならない。私たちもみんなが納得できるよう努力していく」と述べるとともに、「地元として地域の何を要望していくのか、しっかり出してもらうことが大事。きちっとしたかたちで強力な要請を行う必要がある」と助言した。

 米山由子氏(松川)は「県農政部が実施した果樹高齢農家の経営廃止・継承意向調査で、10年後も栽培継続が36%と大変厳しい結果だった。担い手の62%がなくなってしまう。リニアが通って世界一すばらしい果物ができる地域が廃れることのないよう、しっかりした基盤づくりと担い手確保に力をお願いしたい」と訴えた。

 小池県議は「地域でしっかりした将来ビジョンをつくって県政に反映させてもらわないといけないが、地域間の協力体制もできていない」と指摘。古田県議は「秋ぐらいには駅の位置が出てくる。大鹿、高森、松川などの残土をどう生かし、どこに何をつくるか早く要望してもらいたい。アクセス道路は、県道上飯田線を延伸し、駅から座光寺パーキングエリアまでつなげてはどうか。止まっている国道153号北部バイパスや、阿南へ抜けていく道をどうするか。アクセス道路の整備を県の主導でやってもらう大胆な構想を早く提案して地域計画に反映させていく必要がある」と述べた。

 飯田工業高校の後利用について、古田県議は「県立短大を4年制にして一つの部を持ってくる話もあるが難しい。上伊那が名乗りをあげているが、当地域は精密工業が盛んなので工科短大をもってくるよう強力な運動をしていくことが大事」、小池県議は「工科短大がベストと思うが、上伊那へという話があり、難しい課題」、高橋氏は「過疎化に歯止めをかけるには高等教育機関を地元につくることが必要。工科短大を将来4年制に昇格させたい」とそれぞれ見解を述べた。

 南信運転免許センターについて、古田県議は「もっと強力な運動を行い、地元の熱意をしっかり示すことが大事。6月県議会でそろって県警へ要請に行く」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15