新人2派が出席 天龍村長選の立候補届説明会

政治・行政

[ 2016年 9月 30日 金曜日 15時07分 ]

2派が出席した天龍村長選の立候補届説明会

 天龍村選挙管理委員会(後藤富平委員長)は9月30日、任期満了に伴う10月18日告示、同23日投開票の天龍村長選の立候補届説明会を村役場で開き、ともに新人で前副村長の永嶺誠一氏(53)=無所属、平岡=と、村議の熊谷美沙子氏(47)=無所属、平岡=の2派が出席した。

 説明会では、立候補届出書類や寄付行為の禁止、選挙運動などに関し村選管や警察署、郵便局から説明を受けた。また村議を辞職した場合、公職選挙法の規定に乗っ取って補欠選挙は行わず、来年4月30日の任期満了に伴う村議会選挙まで欠員とすることの説明もあった。後藤委員長は「公明正大な明るい選挙に努めてもらいたい」と呼び掛けた。

 村長選をめぐっては、3期目の大平巖村長(81)が6月定例会で引退を表明。永嶺氏が8月に出馬表明して以降、無風状態が続いていたが「無投票は村に緊張感と元気がなくなる。選択肢をつくることが大事」として熊谷氏が立候補する意思を固め、近く正式表明する見通しだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号