来年度事業に住民も意見

政治・行政

[ 2020年 2月 7日 金曜日 16時15分 ]

 高森町は7日、来年度一般会計当初予算編成で町長査定の一部を町民に公開した。500以上の事業のうち、新規事業や町民の関心が高い8つの事業を選んで担当課が説明。町長とともに参加した住民が、各事業へ意見を述べた。

 壬生照玄町長の公約の一つとして始まり3年目。予算査定や事業評価に、議会だけでなく町民が直接意見できる機会を設けることで、今後のまちづくりにつなげようと狙う。

 冒頭あいさつで壬生町長は、公開査定の趣旨を「2030年に目指す町の将来像へ向けて、まちづくりプラン初年度の予算をどう位置付けるか。皆さんの意見を聞きながら適正に判断したい」と呼び掛けた。

 査定を公開したのは▽コミュニティ組織育成支援金▽新築補助金▽議会研修費▽公共下水処理場の倍際対策▽コミュニティスクール運営▽中学校「小原ケ丘塾」▽カヌー大会▽福祉事業全般―の8事業。査定の様子を町ケーブルテレビやネットで生中継した。

 このうち、町民税の1%を財源に町民の主体的な活動を支援する「コミュニティ組織育成支援金」は、制度拡充と改善を図る。各団体に活動費として交付する支援金の上限を10万円に倍増し、状況によって異なっていた構成員に支給する支援金の単価を1人2000円に統一した。

 また、対象外だった区や自治会が活用できる「地区主体型」や、収益を得ながら活動できる「みんなで経営型」を新設。住民主体で地域課題の解決を後押しする。

 町民からは「申請手続きが簡素で使いやすい制度にしてほしい」などの意見が寄せられた。予算案は来月初旬に公表。3月定例会の議会審査を経て4月から執行する。

 初めて公開査定に参加した男性(71)は「普通なら立場のある人でないと町の事業に関われない。一般町民に意見を言う機会があるのは良いことだ」と話していた。

◎写真説明:町民に一般公開した予算査定

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞