東和町交差点 全国初の信号機撤去へ

政治・行政

[ 2012年 3月 1日 木曜日 15時12分 ]

 飯田市は29日、臨時記者会見を行い、2009年度から実施している東和町周辺の交差点改良工事について、地域の望んでいた5枝交差点を維持するため、信号機を撤去しラウンドアバウト型交差点を導入すると発表した。近くの吾妻町ロータリー交差点(ラウンドアバウト)で10、11年度の2年間実施した社会実験で技術的知見が得られ、災害などによる停電時の対策として、関係機関の理解も得られたことから、12年度中の完成を目指す。

 記者会見で牧野光朗市長は「信号機を撤去してラウンドアバウトに変えることができるのは画期的。これがモデルとなって全国にラウンドアバウトが広がっていくことを期待している」、市と協働で社会実験を行った国際交通安全学会のプロジェクトリーダーを務める名古屋大学大学院工学研究科の中村英樹教授は「日本で交差点から信号機を撤去してラウンドアバウト化する最初の先進的事例。最新の技術的知見を生かした設計に関わることができ、感激している。地元の熱意に敬意を表したい」と述べた。

 東和町周辺の交差点改良工事については当初、地域の望んでいた5枝交差点の維持は不可能と判断し、信号制御による交差点として整備を進めてきた。しかし、社会実験で朝のピーク時も安全に機能する技術的知見が得られたことや、昨年の震災で福島の計画停電区域内の信号機が機能しなくなったことから、安全でエコな交差点として欧米で急速に普及が進んでいるラウンドアバウトに対する理解が深まった。

 説明によると、東和町ラウンドアバウトは直径30メートルと吾妻町の40~50メートルに比べかなり小さくコンパクトになる。車両の流入と流出を分ける分離島を設置し歩行者の安全を確保する。大型車を対象に外側と中央島側にエプロンを設置する。入口で渋滞しないようピーク時の交通量と交通容量の比を計算すると十分な余裕がある。待ち時間が大幅に少なくなるため、CO2の排出量は3割程度削減される。信号機の設置費用(1200万円)がかからないため、工事費は500~600万円安くなる。

 市は今後実施する交差点改良にあたって、構造基準に該当する事項を検証したうえで、関係機関と地域の合意が得られた場合は、安全面・環境面の観点からラウンドアバウト型交差点を採用する方針。市建設部地域計画課長は、基本的な考え方として、①飯田市は環境文化都市宣言をしており、「環境に配慮」から「環境を優先」へと発展させ取り組む②市民の生命や財産を守る「安全安心のまち」を実現する③低炭素なまちづくりを推進する―と説明した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞