松川、大鹿が「平和市長会議」加盟~恒久平和の実現目指し

政治・行政

[ 2012年 9月 13日 木曜日 15時25分 ]

 松川町は12日、核兵器廃絶を目指す国際NGO「平和市長会議」(会長=松井一實広島市長)に1日付で加盟したと発表した。飯田下伊那では大鹿村も同日加盟した。

 平和市長会議は1982(昭和57)年に設立。核兵器のない平和な世界を実現することを目的に、都市同士の緊密な連携、核兵器廃絶に向けた市民意識の喚起などの活動に力を入れている。国内の加盟都市は1日現在1232都市。

 平和市長会議は核兵器のない平和な世界の実現に向けて取り組むことに期待し、深津徹町長は「国際社会との連携を図り、世界の恒久平和の実現を目指した取り組みを進めたい」と話した。

 町内では中学校で平和学習会を開いたり、8月の生涯学習講座「まつかわ大学」では広島被爆者援護会理事長の講師に招き「消された街、広島」と題した講座を開いている。

 一方、大鹿は「今回の加盟を、反核や平和に対する住民意識を強めるきっかけにしたい」とし今後、平和に関する新たな取り組みを検討していく。

 県内では、松川町や大鹿村のほか佐久市、飯綱町、木祖村が新たに加わった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞