松川町長選に宮下氏が出馬の意向

政治・行政

[ 2018年 11月 30日 金曜日 16時20分 ]

宮下智博氏

 任期満了に伴い来春の統一地方選で行われる松川町長選で、町教育委員で新人の宮下智博氏(38)=無所属、大島=が11月30日、南信州新聞社の取材に「未来に責任のある町政を」などと語り、立候補する意向を明らかにした。現職で2期目の深津徹町長(70)=無所属、元大島=は進退を明らかにしていない。

 宮下氏は、行政がまちづくりの主導的立場を担う現状からの転換を図り「地域に新しい活動が生まれる環境づくりを進めたい」と語る。

 町内でのさまざまな活動を通して「60代や70代の人たちにかじ取り役を押し付けるような雰囲気がある」と感じる。庁舎内を含めた町の雰囲気を変えていき、またしがらみをなくし、若者も積極的に絡めるような町政を目指したいとする。

 子どもたちに町ならではの体験の場を積極的に提供したい意向もある。人口減少を見据え「地域とつながる原体験を大事にし、進学などで町からいったん離れても戻ってきたいと思う若者を増やせたら」とする。

 宮下氏は飯田高から新潟大農学部へ進み、中退後、実家に戻って農業を継いでいる。農業の傍ら松川高の非常勤講師、町若手農業者の会「若武者」の会長などを務め、2017年から町教育委員。

 同町長選は、3回連続で無投票当選となっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09