松川町長選に宮下氏が出馬の意向

政治・行政

[ 2018年 11月 30日 金曜日 16時20分 ]

宮下智博氏

 任期満了に伴い来春の統一地方選で行われる松川町長選で、町教育委員で新人の宮下智博氏(38)=無所属、大島=が11月30日、南信州新聞社の取材に「未来に責任のある町政を」などと語り、立候補する意向を明らかにした。現職で2期目の深津徹町長(70)=無所属、元大島=は進退を明らかにしていない。

 宮下氏は、行政がまちづくりの主導的立場を担う現状からの転換を図り「地域に新しい活動が生まれる環境づくりを進めたい」と語る。

 町内でのさまざまな活動を通して「60代や70代の人たちにかじ取り役を押し付けるような雰囲気がある」と感じる。庁舎内を含めた町の雰囲気を変えていき、またしがらみをなくし、若者も積極的に絡めるような町政を目指したいとする。

 子どもたちに町ならではの体験の場を積極的に提供したい意向もある。人口減少を見据え「地域とつながる原体験を大事にし、進学などで町からいったん離れても戻ってきたいと思う若者を増やせたら」とする。

 宮下氏は飯田高から新潟大農学部へ進み、中退後、実家に戻って農業を継いでいる。農業の傍ら松川高の非常勤講師、町若手農業者の会「若武者」の会長などを務め、2017年から町教育委員。

 同町長選は、3回連続で無投票当選となっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞