根羽村長選に南木氏が出馬表明

政治・行政

[ 2019年 4月 8日 月曜日 1時50分 ]

 

 任期満了に伴う根羽村長選(16日告示、21日投開票)で、新人で村議の南木一美氏(39)=上町=が7日、立候補の意向を明らかにした。住民の声を反映させた村政、人口減少対策を掲げる。

 「村の人口減少が大きな課題。子や孫の代には消滅し、帰ってくる場所がなくなってしまう可能性がある」と南木氏。「村議として村行政を4年間見聞きしてきた。村の重要なことが、村民の知らないところで決まってしまうのではないかという、もやもやとした思い、不満の声を聞いた」と語る。

 南木氏は北海道苫小牧市出身。10年前に根羽村に移住した。村森林組合職員などを経て、現在は間伐材の燃料供給などを手がけるNPO法人森の民ねばりんの理事長を務める。4年前の村議選に立候補して無投票当選した。

 村長選には現職2期目の大久保憲一氏(61)=中野=が立候補を表明しており、8年ぶりの選挙戦の公算が高まった。

◎写真説明:南木氏

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞