根羽村長選に現職の大久保氏が出馬表明

政治・行政

[ 2019年 3月 5日 火曜日 16時55分 ]

 任期満了に伴う根羽村長選挙(4月16日告示、21日投開票)で、現職2期目の大久保憲一氏(61)=中野=は5日、開会した村議会定例会の冒頭あいさつで「再度村づくりの先頭に立ちたい」と3選出馬を表明した。

 大久保氏は2期8年の村づくりに対し、議員と村民、関係機関の支援に感謝。2期目の4年間で実施した災害対策としての村役場庁舎の移転、森林認証の取得、ライスセンターの設備更新、村内企業支援、村営バス無料化や子育て支援などを報告した。

 3期目の公約には▽雇用▽経済▽サービス―の3つの循環と都市との連携による村づくりを掲げた。雇用の循環では、森林整備や資源活用、村内企業の就労支援、トライアルハウスの有効活用、山地酪農やトマト栽培などの新規参入支援などを挙げた。

 経済の循環では、プレミアム商品券や農家民泊事業、関係人口の構築、森林エネルギー資源などで村内でお金が回る仕組みをつくる。サービスでは、義務教育学校をはじめとした教育環境の整備を喫緊の課題とし、保健医療、介護福祉、生きがいづくり、移動手段の確保、防災などに取り組む。

 「8年後にリニア・三遠南信自動車道で大きな変化を迎える。村民と一緒になって考え、住んでいる人が住み続けたい村、外の人が住みたい村をつくっていく」と訴えた。

◎写真説明:3選出馬を表明する大久保村長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞