橋北地区の市政懇談会開く

政治・行政

[ 2016年 6月 16日 木曜日 9時59分 ]

6.15橋北市政懇談会 飯田市橋北地区の市政懇談会が14日、橋北公民館で開かれた。地区住民ら約100人が出席。牧野光朗市長による「市政経営の方向」報告に続いて行われた懇談では、旧飯田測候所や菱田春草生誕地公園を中心に、地区内の歴史的建造物や文化遺産、城下町の風情などを活用して地域のにぎわいを創出する「橋北まるごと博物館構想」を軸とする、まちづくりの方向性を確認した。

 

 同構想の今後の展開についてアドバイスを求められた牧野市長は、「歩いて楽しい、歩いて学べる町並みの整備を進めるにはハード、ソフト両面の推進が必要。ハード面は行政がその役割を果たしていくが、ソフト面については、地域が中心となって構築していってほしい」と話した。

 

 続いて市側から「地域の歴史を掘り起こし、資源を資産に変える試みが各地で始まっている。飯田には、春草の生誕地から菩提寺までがありその足跡をたどることができるという、他にはない特徴がある。発信していくには『語り』が必要」と、外部から訪れた人らに地区内の歴史や文化を語るガイドの育成も提案された。

 

 この他、水引を例に、地域の伝統産業を子どもたちに伝える取り組みの強化を求める声も。市側は、地域の声を学校の授業に反映させ、地域の魅力を学んでいく「コミュニティースクール」を本年度中に導入するとし、積極的な参加を求めた他、旧飯田工業高校施設の活用による「知の拠点構想」において、地場産業を体験できるコーナーを設置する考えを示した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号