橋北地区の市政懇談会開く

政治・行政

[ 2016年 6月 16日 木曜日 9時59分 ]

 飯田市橋北地区の市政懇談会が14日、橋北公民館で開かれた。地区住民ら約100人が出席。牧野光朗市長による「市政経営の方向」報告に続いて行われた懇談では、旧飯田測候所や菱田春草生誕地公園を中心に、地区内の歴史的建造物や文化遺産、城下町の風情などを活用して地域のにぎわいを創出する「橋北まるごと博物館構想」を軸とする、まちづくりの方向性を確認した。

 同構想の今後の展開についてアドバイスを求められた牧野市長は、「歩いて楽しい、歩いて学べる町並みの整備を進めるにはハード、ソフト両面の推進が必要。ハード面は行政がその役割を果たしていくが、ソフト面については、地域が中心となって構築していってほしい」と話した。

 続いて市側から「地域の歴史を掘り起こし、資源を資産に変える試みが各地で始まっている。飯田には、春草の生誕地から菩提寺までがありその足跡をたどることができるという、他にはない特徴がある。発信していくには『語り』が必要」と、外部から訪れた人らに地区内の歴史や文化を語るガイドの育成も提案された。

 この他、水引を例に、地域の伝統産業を子どもたちに伝える取り組みの強化を求める声も。市側は、地域の声を学校の授業に反映させ、地域の魅力を学んでいく「コミュニティースクール」を本年度中に導入するとし、積極的な参加を求めた他、旧飯田工業高校施設の活用による「知の拠点構想」において、地場産業を体験できるコーナーを設置する考えを示した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞