永嶺氏が無投票で再選

政治・行政

[ 2020年 10月 21日 水曜日 15時45分 ]

 任期満了に伴う天龍村長選は20日告示され、現職1期目の永嶺誠一氏(58)=無所属、平岡=の他に立候補の届け出がなく、無投票での再選が決まった。無投票は2000年以来20年ぶり。

 この日永嶺氏は、午前9時に「龍泉閣」前で出陣式を開き第一声を放った後、村内全域を精力的に遊説。午後6時半ごろ平岡の選挙事務所に戻ると支持者らと笑顔で握手を交わし、当選の喜びをかみ締めた。

 7時から開いた当選報告会で永嶺氏は「皆さんの支援と力添えがなければこの結果は生まれなかった」と感謝。「無投票に正直ほっとしているが、その分、村民の皆さんの強い期待を感じ身の引き締まる思い」と述べ、「新型コロナ対策や災害復旧、医師の確保と解決しなければならない課題が山積する。村民の安心を確保、維持できるよう尽力したい」と決意を新たにした。

 永嶺氏は飯田高校、法政大学を卒業後1985(昭和60)年から村職員。2010年7月から副村長を務め16年の村長選に初出馬すると、新人同士の一騎打ちを制し当選した。

 1期4年は「村民ファースト」を基本に、地区懇談会や各種団体との懇談の場を多く設けた。村民からの意見や要望を踏まえ、課題の洗い出しと対策の整理に努め、福祉、子育て支援施策の充実や移住定住の促進、各種産業振興、道路・水道などのインフラ整備に力を注いだ。

 2期目に向けては村議会6月定例会で、「道半ばの事業を最後まで成し遂げなければならない」と立候補を表明。新型コロナ対策や買い物弱者支援、村診療所の常勤医師確保や災害復旧など「村民の『安心感』を確保する」と訴えた。

 新型コロナの影響や職務などにより、訴えを広く伝える機会が持てなかったことから「政策公約など、これからの4年間でどんなことに取り組んでいくのかを村民の皆さんにしっかりと伝えたい」と、毎年開く地区懇談会の活用などを見据えた。

◎写真説明:万歳で当選を喜ぶ永嶺氏

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞