泰阜村 松島村長が引退の意向 6期24年に「一区切り」

政治・行政

[ 2018年 2月 1日 木曜日 15時53分 ]

引退の意向を示した松島村長

 任期満了(8月12日)に伴う今夏の泰阜村長選で、現職で6期目の松島貞治氏(67)=無所属、唐笠=は今月24日に開く予定の自身の後援会で引退の意向を伝えることが、分かった。南信州新聞社の取材に対し、1日明らかにした。

 松島村長は1994年に出馬し、元助役との一騎打ちを制して初当選した。初当選以外の2回目以降は5回連続の無投票で当選している。

 取材に対し「熟慮中ではあるが、一区切りつけたいという思い。後援会には退任の意思を伝え、了承を得たい」と答えた。

 一方で「後援会の席上は協議する場でもある。後援会の皆さんの判断を仰ぎたい」とし、進退についての正式表明は村議会3月定例会になる見通し。

 松島氏は1971年から90年まで役場職員として勤務。診療所事務長時代は村の在宅福祉サービスの基礎づくりに励んだ。下伊那郡町村会職員を経て94年に初当選。移住定住施策の推進や子育て世代への支援、在宅医療・福祉サービスの質の向上などを推進してきた。現在は下伊那郡町村会長などを兼務している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞