泰阜村のホームページで新サービス

政治・行政

[ 2013年 8月 21日 水曜日 9時36分 ]

 泰阜村は、村ホームページ上で村内の観光名所6カ所の360度パノラマ風景写真を楽しめるサービスを開始した。昨年からスマートフォンで公開しているサービスをパソコン上でも利用できるようにと導入した。パノラマ写真は季節ごとに入れ替える予定だ。

 同村は「村づくりやらまいかい」として昨年から、村のブランド力向上と、体験ツアーなどを通じた第2のふるさとづくりを2本柱に事業を展開。村内21の個人・団体連携による「村づくりやらまい会」や名古屋サテライトを利用した観光PRなどの活動を行っていた。

 スマートフォンやインターネットなどのICTを活用した観光PRもその一環として実施。昨年から、スマートフォン向けに村の風景を居ながらにして楽しめるパノラマ風景写真のサービスを行ってきた。「Junaio」という専用アプリをスマートフォンにインストールし、観光リーフレットに記載されたQRコードを読み込むという作業が必要なため、サービスを知らない人も多くいた。

 今回のホームページ上でのパノラマ写真は、村ホームページのトップ(http://vill.yasuoka.nagano.jp)から、バナーをクリックするだけで利用できる。現在は夏の風景として▽万古川▽あいパークやすおか▽金野駅▽泰阜の夕日(田本)▽左京の宿▽ニ軒屋キャンプ場の鎌倉橋―の6カ所を公開した。9月中旬ごろからは、実際の季節にあわせて徐々に写真を入れ替えていく。

 村づくりやらまいかいの事業を担当している地域おこし協力隊の男性は「泰阜村に来たことがない人も村の風景を体験できる。ICT技術は日進月歩で、1年も経つと目新しさがなくなってくるが、新たな試みをする中で新鮮さを感じてもらえれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞