泰阜村長選 松島氏が無投票6選 移住定住施策推進へ

政治・行政

[ 2014年 8月 7日 木曜日 12時41分 ]

 任期満了に伴い5日告示された泰阜村長選は、現職の松島貞治氏(64)=無所属、唐笠=が無投票で6選を果たした。無風状態が続いた同選挙は最後まで他に具体的な動きはなく、初当選以外の2回目以降、5回連続の無投票当選となった。任期は13日から4年間。

 各地区を遊説中の松島候補の陣営は、午後5時すぎ、梨久保地区で無投票当選を確認。午後6時ごろ地元の唐笠地区に戻った。自宅の選対事務所近くでは最後の遊説を待つ支援者らが20人ほど集まっており、遊説カーを降りて万歳三唱するとともに、当選報告を行った。

 松島氏は「ほっとしている。熟慮の末の立候補だったが、皆さんの支援あってのこと」と感謝の言葉を述べるとともに、「これまで団地形式でI、Uターン施策を展開してきたが、今後は分散方式で集落の数が少ないところに戸建てや二世帯住宅を建設してきたい」とし、移住定住施策への注力を強調。「4年間、村のために努力していく」と決意を述べた。

 地元を代表して半崎保道さんは「本当に幸せな村。最低でももう2期は頑張ってもらいたい」と当選を喜び、宮沢茂與後援会長も「目標としていることにしっかり取り組んでもらいたい」と激励した。

 松島氏は1971年から90年まで役場職員として勤務。村診療所事務長として在宅福祉サービスの基盤づくりに尽力し、下伊那町村会職員を経て94年に出馬、元助役との一騎打ちを制して初当選した。今回を含め2~6期目の選挙はいずれも無投票で当選している。6期目の政策には、移住定住施策の推進や子育て世代への支援をはじめ、企業支援、資源発掘、人材育成・確保、在宅医療・福祉サービスの質の向上、村民活動への支援―を掲げる。

 村選挙管理委員会によると、12日に当選証書を交付、初登庁は18日を予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52