泰阜村長選 新人横前氏出馬の意向 「村民力高める村政を」

政治・行政

[ 2018年 5月 4日 金曜日 13時56分 ]

横前明氏

 8月12日に任期満了を迎える泰阜村長選で、新人で同村副村長の横前明氏(59)=無所属、万場=が3日、立候補する意向を固めたことが分かった。南信州新聞社の取材に対し「村民力を高められるような村政を築きたい」と話し、近く正式表明する。

 同村出身の横前氏は1980年、名古屋法経専門学校を卒業後、村役場へ就職。村診療所事務長、保健福祉係長、教育振興係長、村づくり振興係長を経て、02年から空席だった副村長に11年7月に就任。14年から村社会福祉協議会長も務める。

 横前氏は、松島貞治村長の6期24年について「素晴らしいリーダーシップで村が迷わないよう導いてくれた」と強調する一方、「自分も含め、村民が村長に頼りきっている部分がある」と指摘。「村民の村政参画への意識が薄れており、意識改革する一つのきっかけになれば」と出馬への思いを述べた。

 横前氏によると、周囲から出馬を望む声があったとした上で「地元には立候補への気持ちを伝えてある」とした。

 同村長選を巡っては、新人の整体師・心理カウンセラーの橋本真利氏(39)=無所属、左京=が正式に立候補を表明しているほか、新人で村臨時雇員の林博司氏(70)=無所属、稲伏戸=が立候補する意向を明らかにしている。

 6期目の松島村長は早い段階から引退の意向を示しているものの、新人の出馬動向を見守った上で最終判断するとしていた。取材に対し「横前氏の正式表明後、考え方を整理した上であらためて示したい」としており、村議会6月定例会で引退を正式表明するものとみられる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞