牧野市長が最高齢の女性宅を祝賀訪問

政治・行政

[ 2017年 9月 7日 木曜日 15時09分 ]

002keirou

 飯田市の牧野光朗市長は「敬老の日」(18日)を前にした7日、市内最高齢の金田シヅヱさん(107)=鼎西鼎=宅を祝賀訪問し、祝い品などを手渡した。金田さんの元気の秘訣は「お肉を食べること」といい、牧野市長らは「焼き肉のまち飯田のシンボル、アイドルだ」とたたえていた。

 市社会福祉協議会の中島武津雄会長と共に訪問。この日は本年度に100歳を迎える市民のうち、鼎下山の壬生智惠さん(99)と竹佐の市村忠男さん(同)も訪れ、内閣総理大臣と知事からの祝状や銀杯なども伝達した。

 市内最高齢の金田さんは「テレビでプロレスを見るのも大好き」。激しい攻防や勝負が決まるところが魅力といい、深夜の放送でもお気に入りの海外レスラーに熱い視線を送っている。

 金田さんは1910(明治43)年に同市伊豆木に生まれた。18歳で上京し、都内「高島屋」の裁縫部で勤めた後、和服の仕立てで島津忠重公の専属となり、皇室の仕事も担った。戦時中の強制疎開で帰郷。47年の「飯田の大火」や61年の「三六災害」の被害に見舞われながらも和裁一筋に90歳まで働き、その間、娘2人を育てた。

 現在同居する次女夫妻の正昭さん(74)と和子さん(72)によると、「何か仕事はないかな?」が日頃の口ぐせ。「家族円満が大事。目指すは110歳」といい、和子さんは「頑固でしっかり者でいて優しい母親。さらに長生きしてほしい」と目を細めていた。

 市長寿支援課によると、9月1日現在、本年度中に100歳を迎える市民は37人で、100歳以上は119人となる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10