現新の3派が事前審査

政治・行政

[ 2020年 10月 8日 木曜日 15時34分 ]

 任期満了に伴う11日告示、18日投開票の飯田市長選で、立候補届け出書類の事前審査が8日、市役所で行われ、予定の現新3派が審査を受けた。

 事前審査は、告示日の事務作業を円滑に進める狙いで、書類の不備や記入漏れがないかなどを前もって調べる。

 市長選を巡っては、これまでに現職4期目の牧野光朗氏(59)=無所属、八幡町=のほか、いずれも新人で前副市長の佐藤健氏(52)=無所属、鼎名古熊=と会社役員の熊谷章文氏(68)=無所属、阿智村智里=の3人が立候補を表明している。

 現職の牧野氏は2月25日の市議会定例会の冒頭あいさつで5選を目指すと表明。新人の佐藤氏は4月1日に出馬会見し、新人の熊谷氏は今月6日に立候補すると発表した。

 12年ぶりの選挙戦となる見通し。

◎写真説明:市長選の事前審査

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞