現職永嶺氏が出馬表明

政治・行政

[ 2020年 6月 11日 木曜日 15時25分 ]

 任期満了に伴い10月20日告示、25日投開票の天龍村長選で、現職1期目の永嶺誠一村長(57)=平岡=が11日、再選に向けて出馬表明した。村議会の冒頭あいさつで触れ「『将来にわたって小さくとも輝き続ける村』の実現へ自分の全てを傾注して村政にまい進する覚悟」と述べた。

 先週末の後援会役員会での後押しを受け、「道半ばの事業を最後まで成し遂げなければならない」と決断。新型コロナ感染症対策や着手したばかりの買い物弱者対策、平岡駅前活性化事業、喫緊課題の村診療所の常勤医師確保対策などの推進を誓った。

 今後10年間を見据えて策定を進めている基本構想・基本計画を念頭に「村の進むべき方向性や確かな計画を作り上げる大事な時期」と強調し、「『やっぱり天龍村がいい』と村民が心の底から実感できる村を、村民と一緒に築いていきたい」と力を込めた。

 永嶺氏は法政大学卒業後、1985(昭和60)年から村職員。2010(平成22)年7月から副村長を務め、16年の村長選に初出馬。新人同士の一騎打ちを制して当選した。

 任期満了は11月10日。これまで、他に目立った動きはない。

 開会した村議会6月定例会で村は、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算の専決処分承認案件をはじめ、条例案件7議案、補正予算案件4議案、村農業委員会委員の任命案件などを提出した。議会は専決処分を承認、農業委員の任命に同意し、条例案件を委員会に付託した。予算案件は最終日に全体審議する。

 新たに提出した一般会計補正予算案は、1090万円を増額し総額を22億9891万円とする。デイサービスセンターの地下オイルタンク取替工事費334万円、診療所修繕工事費168万円、まきによるエネルギーの地産地消推進事業備品購入費183万円、林道虫川新野峠線災害復旧工事費237万円などを盛った。

 会期は23日まで。一般質問は同日。

◎写真説明:出馬表明する永嶺村長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞