現職金田氏が出馬表明

政治・行政

[ 2020年 5月 13日 水曜日 16時20分 ]

 任期満了(7月24日)に伴う7月7日告示、12日投開票の下條村長選で、現職1期の金田憲治氏(73)=無所属、陽皐北又=は12日、村議会臨時会で「村民の理解が得られるならば、職員一丸となって次の課題に取り組みたい」と再選に向けて出馬を表明した。

 金田氏は「就任時に掲げた公約はおおむね着手し、実績を上げることもできた」と自己評価。一方で「課題も残る」とし、2期目に向けた最重要課題に新型コロナウイルス対策を位置づけて「長期間にわたる支援が必要」と述べた。

 「これからの時代は『環境』がキーワードになる」と主張。地域にある資源や文化を守り育てるとともに、新たな活力を生み出す起業支援にも力を入れる姿勢を示した。

 農業の活性化を目指し、本年度に発足したNPO法人「元気だ下條」や、昨年から取り組む村地域ブランドづくりの取り組みを加速させ、まずは農業分野での起業促進を図り、商工業へと波及させたい考え。火沢地区にリニア中央新幹線建設工事に伴う残土を受け入れ、埋立地を地域振興に活用する計画も引き続き推進すると強調した。

 金田氏は同村陽皐北又出身。塚原天竜高校(現松川高校)、日本大学理工学部を卒業後、県職員に。2007年の村議選で初当選し3期途中まで務め、16年の村長選に出馬。新人同士の一騎打ちを制し、初当選した。

 同村長選ではこれまでに、他の表だった動きはない。

◎写真説明:出馬を表明した金田氏

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞