現職金田氏無投票で再選へ

政治・行政

[ 2020年 7月 7日 火曜日 15時52分 ]

 任期満了に伴う下條村長選は7日に告示され、現職1期目の金田憲治候補(73)=無所属、北又=が届け出た。午後1時現在までに他の届け出はなく、書類を持ち帰った派もないため、金田候補の無投票再選が濃厚となっている。選挙戦となった場合の投開票は12日。無投票となれば2012年以来8年ぶり。

 金田候補は午前8時40分から、前回選時と同じく地元の北又公民館前で出陣式に臨んだ。

 激しく雨が降る中で駆け付けた支持者に対し「大きな力になる」と感謝。「下條村らしさを守りながら新しい時代を創り、次世代につないでいく」と第一声を放ち、選挙カーに乗り込むと村内全域を遊説した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2期目に向けた政策や思いを村民に伝える機会を十分に設けることができなかったことから、この日は精力的に活動。村内20カ所で演説を行い、新型コロナへの対応や災害に強い環境整備、地域資源を活かしたブランド化の推進、リニア埋立事業とその利活用などの政策を訴えた。

 6期務めた伊藤喜平氏の引退を受けた16年の前回選は、新人2人が立候補。8年ぶりの選挙戦となり、金田氏が初当選した。投票率は84・68%だった。

 7月6日現在の選挙人名簿登録者数は3079人(男1500人、女1579人)。

◎写真説明:雨の中気勢を上げる支持者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞