現職6人が出馬の意向

政治・行政

[ 2021年 3月 26日 金曜日 15時06分 ]

 任期満了に伴う6月8日告示、同13日投開票の喬木村議会選(定数12)へ向け、村内の候補擁立の動きを活性化させようと、喬木村議会は25日、議会全員協議会で全議員の現状での進退情報を発表した。12人のうち、立候補を予定するのは6人、引退の意向は4人、検討中が2人。引退者のうち1人が後継者のめどをつけているとした。

 4年前の前回村議選では、告示日1カ月前の段階で、議席に対し立候補予定者が3人足らない状況にあったという。新型コロナウイルスの感染防止のため後援会組織の集まりなどが難しい中、議員同士で情報を共有し、報道などを通じて村内へ広めることで、村民の選挙に対する関心を高めようと狙った。

 協議後の取材に対し、下岡幸文議長は「住民の皆さんに問題意識を共有してもらいたい」と語った。また「地域選挙から抜け出したい。地域の応援が必要な状況では、なかなか若い人が出られない。全村的な課題を考え、自ら考えて話し、選んでもらう選挙になってほしい」と期待した。

   ◇  ◇

 同日、出馬の意向を示したのは五十音順に▽後藤章人(68)=無所属、2期、阿島町▽後藤澄壽(74)=共産党、1期、小川上平▽櫻井登(71)=無所属、1期、伊久間▽下平貢(55)=無所属、1期、小川両平▽中森高茂(61)=無所属、2期、阿島北▽福澤眞理子(68)=共産党、1期、富田―の6氏。

 引退を表明したのは▽小池豊(71)=無所属、2期、富田▽下岡幸文(66)=無所属、2期、阿島南▽束原靖雄(77)=無所属、1期、氏乗▽昼神二三男(77)=無所属、3期、阿島北―の4氏。下岡氏のみ後継者のめどがついており、他は検討中。

 木下温司氏(74)=無所属、2期、富田=と佐藤文彦氏(50)=無所属、1期、阿島南=は検討中とした。

 前回2017年の選挙では定数と同数の12人が立候補し無投票。前々回は2人超過の14人が立候補し選挙戦を繰り広げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞