県が棚田ネットワーク設立へ

政治・行政

[ 2018年 10月 12日 金曜日 15時37分 ]

  県内の棚田保全団体の情報共有化や魅力発信、多様な人材参加による保全システムの構築などを狙い、県は来年2月に「信州棚田ネットワーク」を設立する。飯田下伊那地域からは飯田市と豊丘、根羽村、よこね田んぼ保全委員会が参加する。

 県農政部によると、県内には飯田市千代の「よこね田んぼ」など日本の棚田百選に認定された16カ所の他にも複数の棚田があり、保全団体からネットワーク化を求める声が聞かれていた。

 5日から会員募集を始め、現在までに8市町村と保全5団体が参加を予定。飯伊ではよこね田んぼの他、豊丘村の福島本村棚田、根羽村の横旗の棚田が参加を表明している。

 来年2月に設立予定で、同月内に情報を一元化して発信するホームページ「信州棚田ネットワーク」を開設する。イベントや勉強会の開催なども想定しており、「情報共有、発信、利用を通じて、棚田と棚田、棚田と人をつなぐ」としている。

 会費は無料。県のホームページから申込書を入手し、南信州地域振興局農地整備課に申し込む。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞