県が棚田ネットワーク設立へ

政治・行政

[ 2018年 10月 12日 金曜日 15時37分 ]

  県内の棚田保全団体の情報共有化や魅力発信、多様な人材参加による保全システムの構築などを狙い、県は来年2月に「信州棚田ネットワーク」を設立する。飯田下伊那地域からは飯田市と豊丘、根羽村、よこね田んぼ保全委員会が参加する。

 県農政部によると、県内には飯田市千代の「よこね田んぼ」など日本の棚田百選に認定された16カ所の他にも複数の棚田があり、保全団体からネットワーク化を求める声が聞かれていた。

 5日から会員募集を始め、現在までに8市町村と保全5団体が参加を予定。飯伊ではよこね田んぼの他、豊丘村の福島本村棚田、根羽村の横旗の棚田が参加を表明している。

 来年2月に設立予定で、同月内に情報を一元化して発信するホームページ「信州棚田ネットワーク」を開設する。イベントや勉強会の開催なども想定しており、「情報共有、発信、利用を通じて、棚田と棚田、棚田と人をつなぐ」としている。

 会費は無料。県のホームページから申込書を入手し、南信州地域振興局農地整備課に申し込む。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞