県議選 新県議5人に当選証書

政治・行政

[ 2015年 4月 15日 水曜日 12時16分 ]

 12日に投開票が行われた県議選で、県選挙管理委員会下伊那地方部と飯田市選挙管理委員会は14日、それぞれ選挙会を開き、下伊那郡区2人、飯田市区3人の計5人の当選人を正式に決定した。引き続き、両区の当選人への当選証書の付与式を県飯田合同庁舎で行った。

 前回に続いて両区合同で行った付与式には、下伊那郡区で当選した無所属3期の吉川彰一氏(44)と自民2期の高橋岑俊氏(70)、飯田市区で当選した無所属3期の小島康晴氏(59)、自民8期の古田芙士氏(74)、自民4期の小池清氏(57)の計5人の新県議がいずれも本人出席。同下伊那地方部の有賀秀敏書記長(地事所長)から県選管委員長名の当選証書を受け取った。

 終了後、取材に吉川氏は「病気で心配と迷惑をおかけしたが、こうして信任をいただいたことを心からお礼申し上げる。2月、3月と病気で議員活動ができていないのでその間にためた宿題と選挙でいただいた宿題を一生懸命一つひとつこなすことでご容赦いただきたい」、高橋氏は「身の引き締まる思い。切なる願いである北高南低の是正を実現するためにまい進する。問題が山積しているが、自らの政策提言を一つひとつ確実に解決するよう精いっぱい頑張る」とそれぞれ語った。

 また、小島氏は「安心安全に暮らせる地域づくりに向け全力で取り組んでいく」、古田氏は「リニアという大きな課題に全力を挙げて取り組み、評価をいただけるよう頑張りたい」、小池氏は「地域の声を県政にしっかり届け、北信や中信に肩を並べられるような発展のため頑張る」とそれぞれ抱負を述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞